おめでたい時の生け花アレンジ~バラ~

今日はおめでたい事があった時の生け花アレンジです。

おめでたい=お祝い=祝福にふさわしいお花ということで、紅白の組み合わせにして、玄関扉(外側)に飾りました!こんな感じ。

お祝いのわりにはショボいじゃんと思うかもしれませんが、そこはご愛敬・・・・・・

結婚や出産などの大体的なお祝いではなく、日常のちょこっとしたシーン・・・・・・

テーブルで大事な人と二人でさしつさされつ乾杯!とグラスを傾けるようなささやかな祝福を想定したアレンジだからです。

ですから、お花もわざわざこのために買ったものではなく、先週買ったバラの花束の余りものを再利用しています。

その時のバラの花束がこちら

このピンクのバラを使って、先週「自分を愛せない!時の生け花アレンジ」をしました。

「自分を愛せない!時の生け花アレンジ」はこちらの記事でご覧になれます。

冒頭で紹介した白と赤のバラも、このピンクのバラの花束に入っていまして、直感で

「紅白にしてお祝いの花でいこう」と決めました♪

でもよく見てください・・・・・・!?

よく見ると・・・・・・

深紅のバラの隣にあるのは・・・・・・

白ではなく、うす黄緑のバラなのです♪

白ではありませんが、白に近い黄緑に見えたので、紅白でいこう!と決めた訳なのです。

そう!お気づきになったでしょうか?

初心者でもできるゆる~い生け花アレンジ

このブログでご紹介している生け花アレンジは、肩の力を抜いた、ゆる~いアレンジばかり。

それは生け花初心者さんにも気軽に花をいけてほしいからなのです。

生け花(=華道)と聞くと、敷居が高くて、簡単にはできないと思ってしまう方が私の周りには少なくありません。

実際家の中に飾る生け花だったら、華道の道に入門しなくてもよいのではと私も思います。

華道に興味がある方は、もちろん入門するのもよいと思いますが・・・

私は18歳から10年以上にわたり池坊華道のお師匠のもとで学びました。

針山にいっちょ前の花を生けられ、華道教授になるまでには、さまざまな技・(花の)規則・フォルムなどを身につけます。

月に一度池坊の本部で実技試験もありました。

こうして池坊華道で身につけた様々な技や知識が、実は今のゆる~い生け花アレンジの根底にあるのです。

そして、このゆる~い生け花アレンジをお伝えして、生け花初心者さんにも家の中を花で飾っていただきたいと思い、このブログでご紹介しています。

そう! 華道のお稽古に何年も通って免許皆伝しなくても、日常の生け花はできるということをお伝えしたいのです。

ですから、ご家庭で生け花をする時は、肩の力を抜いて、リラックスして、ゆる~くやってみましょう。

「花が好き」とか「きれい」と思う気持ちさえあれば、玲春の生け花アレンジは誰でもできますから。

毎日がお祝い

我が家では毎日が祝い事で満ちています。

それは他の家よりも祝う事がたくさん起こっているというのではありません。

そうではなくて、日常的なちょっとした嬉しい事でも、祝うことが習慣になっているというだけです。

私もパートナーも自営業者なので、お仕事が受注できたら「乾杯!」します。

実際お仕事が完了したところで「乾杯!」報酬の振込みが確認できたところでまた「乾杯!」

特別な会を何か開くとかではなく、うちでもレストランでも食事の時にワインなどで乾杯!します。

毎日「乾杯!」と祝っていると、また「乾杯!」する事が起こる・・・だから、また乾杯!となる。

乾杯の連鎖です。

宇宙は自分が発したものを鏡のようにそのまま返してきますから、自分が思う事・言う事は大事です。

嫌だ!嫌だ!と言っていれば、また嫌だ!と言う事が起こりますし・・・

ありがとう!ありがとう!と言っていれば、またありがとう!と言う事が起こるのが、宇宙のしくみだからです。

という訳で、我が家では一見普通の出来事にも「乾杯!」「乾杯!」と祝福して、さらなるおめでたい事を引き寄せ、「乾杯!」な毎日になっています。

そのお祝いを引き立ててくれるのが今日の生け花アレンジなのです。

お祝いの花を玄関に飾る理由

お祝いの花を他の場所ではなく、玄関に飾った理由は何だと思いますか?

それは玄関に来る方、つまり外からやってくる方がこれを見て「めでたいなあ!」という気持ちが湧いたらいいなあという思いが一つ。

もう一つは新しいもの(風)は玄関(の外)から入ってきますので、玄関をきれいにすることで、よいものを呼び込もうという意図です。

掃除はもちろんですが、花のようにきれいなものを飾って、波動を上げ、よきものを引き寄せたいですからね。

玄関以外での活用

今日は玄関に飾りましたが、これを応用すれば他の場所でも十分いけますよ。玄関でなくてはならないということもありません。

ガラスの花瓶にいける、一輪ざしにいける、ペットボトル花器にいける等いろいろなアレンジができると思います。

また、紅白でなくてもOKです。

種類の違う2種類の花を組み合わせるなんかもよいと思います。

今日見たら赤バラが枯れていたので、花瓶にいけていた白いガーベラを玄関外扉にもっていきました。

白・白の組み合わせも清楚な感じで、好きな組み合わせです。

皆さんもご自分の心地いいように!お好きなように!アレンジなさってくださいませ。

さいごに・・・花言葉

バラの花言葉をご紹介します。

赤いバラは・・情熱、愛情・あなたを愛します、貞節、美、模範的 ・熱烈な恋、私を射止めて

白いバラは・・心からの尊敬・無邪気・清純・純潔・恋の吐息・相思相愛・尊敬・素朴

う~ん♪どちらも素敵です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする