自分を愛せない!と思った時のいけ花アレンジ~バラ~

昨日バラの花たばを買いました。可愛らしいピンクのバラが4本に赤と黄緑(?)のバラが1本づつの計6本入っていました。

まずは大きめの花瓶にピンクのバラだけいけてみたら、こうなりました。

この中から1本だけ一輪ざしに生けると、こんな感じ。これが今日の生け花アレンジ。

こちらは花瓶が正面に向いていますが・・・・・・花瓶の向きをちょっと斜めにしてみると、こうなります。

ちょっとシャープな雰囲気になります。

自分を愛せない」とはよく私のクライアントさんから聞くことばです。

詳しく言えば、こういうことです。

_そもそも自分を愛していないとは思っていない(自分を愛せていると思っている)。

_自分を愛せていないことはわかっている、でもどのように愛すのかわからない。

_自分を愛したいけど、どうすれば自分を愛せるの?

_自分を愛さないといけないの?

_自分を愛せるの?

私たちは自分を愛しているかどうかなんて、日常生活ではなかなか考えませんよね?

考える機会ありませんもんね!?

だからでしょうか?

自分を愛する方法がわからないと思ってしまう方が、少なくないのかもしれません。

「自分を愛する」と考えると難しいかもしれませんが・・・・・・

「ありのままの自分をすべて受け入れる」と考えてみるとわかりやすいのではないでしょうか。

ありのままの自分・・・つまりよくできた私も、カッコ悪い自分や意気地のない弱い自分、ずるい自分などあまり認めたくない!という部分まで認める、受け入れることを、私は「自分を無条件に愛する」ことだと定義しています。

ではどのようにすれば無条件の愛で自分を愛せるでしょうか?

私のメンター直伝の方法で、私がセミナーやセッションでやっているとても簡単な方法がります。

それは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

自分のどんな部分も「これでいいのだ!」と全肯定してしまうことです。

どの部分がこれでいいのか?なんて深く考えることはありません。

ガッツポーズをしながら、これでいいのだ!と言うだけです。

自分が過去から今までやってきた事すべてひっくるめて、「これでいいのだ!」と全肯定するだけで波動が上がります。

魂も喜びます♪

「これでいいのだ!」と言うだけで、自分を無条件に愛せるなんてすごいと思いませんか?

今日の本題:自分を愛せない!と思った時に、なぜピンクのバラを生けるとよいのでしょうか?

それは・・・ピンクが思いやりや優しさ、無条件の愛の色だからです。

私はオーラソーマのカラーセラピーの公認プラクティショナー(セラピスト)をしているので、オーラソーマのカラーボトルを使って無条件の愛の色をご紹介したいと思います。

例えば、こちら上下ピンク色のボトルは81番<無条件の愛>という名前です。無条件の愛と自己受容がテーマのボトルです。

オーラソーマ上下ペールピンク色のボトルは、上の81番よりも光が入ってより明るいピンクです。

<レディ・ナダ>というますたーの名前がついており、「無条件の愛を経験する」というテーマのボトルです。

他にはこんなピンクもあります。上がローズピンク、下がピンクのボトル。23番の<愛と光>という名前のボトルです。

このボトルのピンク、上層のロ-ズピンクは今日の生け花アレンジのバラとよく似た色なので、花と並べてみました!

    

ピンクのボトルはどれも優しい色で、使い心地も本当に優しいのです。

お風呂あがりなどにボディオイルとして身体に塗るのですが、とてもソフトです。

無条件に自分を愛するのは誰しも難しい時があるものですが、そんな時には、ピンクのバラを1輪だけでも家の中のどこかに飾るだけで変わりますよ。

優しい波動を空間にふりまいてくれますし、何より見るだけで自分が癒され、優しい気持ちになれます。

家に花を飾るだけでも、場の波動が上がりますので、よかったら試してくださいませ。

生け花アレンジで聞きたいことがある方、またこのブログ内の感想やリクエストなどがある方はコメント、お問合せフォームからご連絡ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする