2018年マグロの初競り最高額で落札したのはどこ?一番マグロが食べられるおのでらってどんな店?

築地市場が豊洲へ移転することが決まり、マグロの初競りを築地でするのは、今年(今日)が最後となった!

築地最後の初競りで一番マグロを競り落としたのはどの店なのか?

            (出典)

2018一番マグロを競り落としたのはどこの店?

過去6年間(2012~2017)一番マグロを競り落としてきたのは、<すしざんまい>を運営する築地喜代村であった。

今年も喜代村初競りで7連覇なるか?と予想されてきたのであった。

また、築地すすし好も「十分な予算がある」と初競りに意気込んでいた様子が、TBS<ひるおび>で放送された。

2018初競りの結果は?意外な店だった!?

しかし、今年一番マグロを競り落としたのは、喜代村でもすし好でもなく・・・・・・

な、なんと! どこの寿司店でもなかった!

寿司店ではなく、仲卸大手の築地 やま幸だった!(やま幸グループのホームページはこちら)

さて、一番マグロをせりおとした店が明らかになったところで、次に競り落とされたマグロについて見ていこう。

一番マグロは大きさ?価格は?

今年の一番マグロは重さ405キロとここ数年では結構大きい(重い?)方である。

気になる価格は・・・・・・3645万円、1キロあたりに換算すると9万円になる。

昨年(2017)の初競りの最高価格が7420万円だったので、今年はその半分以下となる。

これについて、卸大手は次のように話しているという。

入荷が非常に多かったため、買い付けが分散した

さて、初競りで落とされた1キロあたり9万円のマグロがどこの店で食べられるのだろうか?

一番マグロが食べられる店は?

やま幸が競り落とした一番マグロは、銀座の寿司店おのでらに販売された!

東銀座に店舗をもつ銀座おのでらは世界に7店舗を展開するインターナショナルな寿司やさんである。

昨年(2017)はニューヨーク店がミシュランで2つ星(★★)を獲得している!

寿司アカデミーも運営しており、すし職人の養成もしている。

銀座おのでらの大将は、一番マグロ(405キロ)で1万貫の握りができるだろうと話す。

気になるお値段であるが・・・・・・・

通常おのでらでは「おまかせ」で握りを提供しているそうだ。

その日、美味しいものを板さんのお任せで握ってくれるのだろう。

だが、マグロ単品の注文となると・・・1貫3000~3500円で食べられるそうだ。

少しでもリーゾナブルに食べるにはランチがよいかもしれない。

5000円からコースがある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする