関東の人気日帰り温泉を1000円引きで利用する方法②~横浜みなとみらい万葉倶楽部の場合~

昨11/26から「人気日帰り温泉を1000円お得に利用する方法」と題して、当日施設で買うよりもチケットを1000円ほど安く買える方法について書いている。

本稿はその第2弾である。

ちなみに第1弾「東京ドーム温泉スパ・ラクーア」については、こちら

人気日帰り温泉を1000円お得に利用する方法②

第2弾でも紹介するのは日帰り温泉施設自体の案内ではなく、

当日施設で買うよりも1000円ほど安くチケットを買える方法についてのみ書いていく。

横浜みなとみらい万葉倶楽部

第2弾は横浜はみなとみらいにある温浴施設<横浜みなとみらい万葉倶楽部>である。

こちら↓

こちらの日帰り温泉施設の入館料は税込みで以下の通り。これは通称マル得セット入館料と呼ばる。

これには入館料、バスタオル、タオル、館内利用料金が含まれている。

右側の数字は深夜3時以降に利用す場合の割増し料金(税別)。

大人\2,700(中学生以上)   深夜料金+\1,800(税別)

子供¥1,512(小学生)      深夜料金+\1,000(税別)

幼児¥1,015(3歳~未就学児)      深夜料金+\1,000(税別) 

3歳未満 無料

マル得セット入館料朝10時から翌朝9時まで滞在できる。

・深夜3:00以降は、別途深夜料金がかかる(上記参照)。
・翌朝9:00以降は、1時間につき190円(税別)割増しで延長滞在頂できる。
・朝10:00前に入館する場合は、マル得セット入館料にプラスで1時間につき190円(税別)の割増し料金がかかる。

公式ホームページには、土日祝の割増し料金は見当たらない。

朝10時から深夜3時までの利用なら、最低かかる料金は税込み¥2,700である。

みなとみらい万葉倶楽部を1000円引きで利用するには、施設で何をするかによって、いくつかの方法がある。

1)温泉だけ入りたい場合

シンプルに温泉だけ入れればいいという場合は・・・・・・

・クラブオフ(Club Off)で割引券をゲットすれば、大人¥2,700¥2,484(¥216引き)になる。

子供は¥1,512¥1,404(¥108引き)になる。

<スパ・ラクーア>を1000円お得に利用する方法で書いたことと同じになるが、クラブ・オフはリロ・クラブの運営する福利厚生サービスで事前に加入していることが必須である。

企業が社員の福利厚生として加入していなどは、クラブオフのサイトに事前に登録しておくだけで、スムーズに利用できるであろう。

クラブオフのサイトに事前登録したら、サイトから割引券をゲット・印刷し、ラクーアの受付でチケット購入の際に見せれば、割引を受けられる。

とても簡単だ。

2)日帰り温泉と岩盤浴・家族風呂・ドリンクなど館内利用をする場合

岩盤浴や家族風呂、ワンドリンクに館内利用券がついたセットチケットは、温泉入館料だけ購入するよりも割引率が高い。

なので、こうした館内利用が事前にわかっている場合には、デイリープラスやdエンジョイパスなどの福利厚生サービスを利用するとお得である。

デイリープラスYahoo Japanの、dエンジョイパスdocomoが提供する月額¥540で利用できるサービスだ。

サービス内容はどちらもよく似ている。

ここではデイリープラスのサービスを説明していこう。

デイリープラスも事前登録と月額¥540が必要だ(初月は無料で31日間お試し可)。yahooカードをおもちの方は、決済も手間いらずだ。

登録したら、カテゴリを「日帰り温泉・スパ」にして、「横浜みなとみらい万葉倶楽部」を検索。

するといろいろなプラン(利用特典)が出てくる。

複数プランがある中で、岩盤浴を利用したい人がお得なのは、以下のプラン。

①Famiポート発券でセット入館料+岩盤浴付3737円⇒2820円

この特典の特徴は、チケットをコンビニのファミリーマートで発券して、万葉倶楽部に出すのだ。割引券を印刷してチケット購入の時に見せるのではない点に注意だ。入館料¥2,700に岩盤浴が¥1,037がつくので通常¥3,737⇒¥2820(¥917引き)となる。次は岩盤浴はしないが、飲み物がほしい人向きのプラン

②Famiポート発券でセット入館料+セルフ1ドリンク付3337円⇒¥2420(¥917引き)

こちらも自分でファミリーマートに行き、発券することで、ワンドリンク(セルフサービス)付きチケットが¥916引きとなる。

③【決済後即時受取】デジタルチケットで入館料+セルフワンドリンク+館内利用券(800円) 平日4201円⇒2808円 土日祝日 4,201円 ⇒  3,024円

こちらはセット入館料、ワンドリンク(セルフサービス)、館内利用券800円分ついたプランが、平日だと¥1,393引きの¥2,808 土日祝だと¥1,177引きの ¥3,024である。

¥1,100の割引はとてもお得だ。

④【決済後即時受取】デジタルチケットでペアセット入館料+家族風呂+セルフワンドリンク付9946円⇒7800円

こちらはペアセットなので、2人で行く場合に向いている。

内容はセット入館料に家族風呂利用料金、ワンドリンク(セルフサービス)がすべて2人分で9946円⇒7800円になる。

割引きは1に換算で¥1,073だ。

③と④はファミリーマート発券ではなく、デイリープラスのwebからの決済に限られるそうだ。

利用の場合は、デイリープラスのwebから詳細ページを確認されたい。

上記4つの特典内容と同様の特典をdエンジョイパスで提供していると思う。

ドコモの携帯を使っている方は、dエンジョイパスはdアカウントでログインできるので、手間がかからず使いやすいだろう。

3)日帰り温泉と+部屋でゆっくり休憩したい場合

日帰り温泉のほかに、部屋でゆっくりしたい場合は以下のプランがお勧めである。

こちらはみなとみらい万葉倶楽部の公式ホームページの「限定クーポンからゲットできる。

こちら

ペアチケットのプランが多い。「日帰り入浴+お部屋」プラン 通常2名様 11,510円(税別)⇒2名様8,840円(税別)こちらは日帰り入浴に、個室もしくは14畳の部屋での休憩のプランだ。ベッドまたは布団をひくことができるお部屋でなので、しっかり休憩したい人向き(カップルがターゲット?)だ。 税込みで計算すると、1人につき¥1,441安くなる。*また、このプランには、を割引料金で岩盤浴や家族風呂をオプション利用することができる。その場合の料金は以下の通り。

・「日帰り入浴+お部屋+岩盤浴」プラン 通常2名様 13,430円(税別)⇒2名様10,380円(税別)税込みで1人につき¥1,642安くなる。

「日帰り入浴+お部屋+家族風呂」プラン 通常2名様 14,560円(税別)⇒2名様11,640円(税別)税込みで1人につき¥1,577安くなる。

2人っきりでゆっくりしたい場合には、もってこいのプランだろう。

このように福利厚生サービスや公式ホームページの限定クーポン使うことによって、1000円以上安く利用することができるので、ご自身の用途(利用範囲)に応じて、使ってみてはいかがだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする