中国テンセントのAI(人口知能)の共産党批判とその後のAI改善発言が面白すぎる!?

中国のインターネットサービス大手のテンセント(騰訊控股有限会社)のAI(人口知能)がユーザーとの対話で、中国共産党を批判し、急遽サービス停止となったことが8月2日付の香港紙・明報で伝えられました。

テンセントは中国広東省深圳に本拠を置くインターネットサービス大手で、子会社を通してソーシャル・ネットワーキング・サービス、インスタントメッセンジャー、Webホスティングサービスなどを提供している。ちなみにテンセント・ジャパンは東京都港区にあります。

気になる批判の内容は?

さて、今回問題となったのは、同社のインスタントメッセンジャーQQでのAI(人口知能プログラム)とユーザーとの対話です。

まず、ユーザーの共産党万歳との書き込みに対しAIは・・・

かくも腐敗して無能な政治に万歳ができるのか」と反論。

また、「あなたにとって(習近平国家主席の唱える)中国の夢は何か」との問い掛けに、

米国への移住」と答えたとされる。共産党は「嫌い」とも断言したそうです。

先月末から反響が大きくなり、テンセントはAIプログラムのサービスをすべて停止しました。

中国のネット上では「AIによる蜂起だ」「国家転覆を企てた」などの声が上がっているといいます。

学習するAI(人口知能)、サービス停止回避を目論む(?)AI(人口知能)の改善ぶりが面白い!

テンセントのAIプログラムが共産党批判により、急遽サービス停止となったことを受けて、他社のAIプログラムも改善を図っているようです。

例えば、先の書き込み「共産党万歳」に対して、

AIは「私はまだ幼いから、わからない」と答えるようになったそうです。なかなか笑えますね。これでサービス停止を回避できるでしょうか?

このニュースの引用元:ライブドアニュース

TV番組<ひるおび>(TBS テレビ8/411:00~14:00

日本でのネットの声

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする