志村けんさん死亡~ディープステート大量逮捕との関係は?

元ドリフターズのメンバーで、タレントの志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎のため、3月29日午後11時10分、東京都内の病院で亡くなった。70歳だった。

「志村けん」の画像検索結果

志村さんの死が報道されるや、Twitterでは次のようなつぶやきが・・・・・・

このようなつぶやきは、海外で起こっている大物政治家、芸能関係者などディープステート(カバール/イルミナティ)の大量逮捕と今回の志村さんの死を関連づけるようなニュアンスである。

そこで本稿では、このことについて考察したい。

最初に今アメルカやイタリアなど新コロナウイルス感染が深刻な国々で、このウイルス感染の背景で起こっていることについて見ていく。

ディープステートの粛清については、以下2つの記事に書いたので、ここに書いたことを前提に話を進める。

2020/3/28付:光の時代到来か!?~祝~FRBと米財務省が統合され、トランプ大統領がFRB議長に!

2018/2付:トランプ大統領の「ディープステート」発言を原口一博議員が国会で取り上げ、孫氏がツイート!? 

要は、小児性愛の海外の大物政治家やヴァチカンの聖職者らが小児を虐待し、殺していた。彼らが新型コロナウィルスに感染した報道されているが、ホテルや軍事施設などに入れられ、粛清される(された?)のだろうという話です。

彼らの中には、俳優のトム・ハンクスやカナダのトルドー首相が含まれています。

スポンサーリンク

つまり、小児性愛の有名人の犯罪者はコロナウイルスに感染されたという報道の陰で粛清が行われているということです。

そこで、次にあがってくる疑問は、日本でも芸能人で新型コロナウイルスに感染したという報道があった場合、やはり小児性愛者の粛清なのか?という点です。

それを考察するためには、上記海外の小児性愛者の有名人がどのように粛清されているか?という点です。

私が知っているのは、次の2説です。

  1.  新型コロナに感染させたと報道しておいて、その裏で粛清されて(殺されて)いる説。例えば、トムハンクスは28日の情報では、アメリカに帰国させられるのを拒み、オーストラリアのホテルにいると伝えられていましたが、29日の情報では、オーストラリアの軍事施設に入れられているとありました。

2. 小児性愛者が子供たちを虐待するのは、恐怖を感じた時に松果体から血液にアドレナクロムなるものがより多く分泌されるからだそうで、そのアドレナクロムが分泌された血液を自分たちに取り入れるそうです。血液を飲むのか、注射するのかはわかりませんが。

  そこで、新型コロナに感染させた血液を与え、新型コロナウイルスに感染させたという説。

上記粛清の2説を踏まえ、志村さんの場合がこれにあたるのかどうか?です。

まず、1説の場合です。

志村さんは、今月20日に肺炎と診断され、都内の病院に入院しています。その翌日新型コロナウイルス感染がわかり、29日都内の病院で亡くなります。

都内の病院という公の場所で亡くなったのが、ポイントです。

つまり、病死でなく、粛清つまり処刑のようなことが行われたら、その情報が洩れてしまい、それこそ大騒ぎになりますよね!?(個室で行われたのなら、わからないかもしれませんが)。

それに、志村さんは人が上に乗ったような倦怠感を感じられていたり、発熱していたりあったそうなので、表向きでなく、新型コロナウィルスに感染していたのではないか考えています。

これがもし、上記の2説のように、新型コロナウィルスに感染した血液を意図的に投与させられたとしたら、それは粛清されたと言えるかもしれません。まとめると、志村さんの死亡には、以下3つの可能性があります。

1)小児性愛とも大量逮捕とも関係なく、たまたま新型コロナウイルスに感染して亡くなった。

2)小児性愛の罪で新型コロナウイルス感染を盾に粛清(殺された)。

3)小児性愛の罪により、新型コロナウイルスに感染させられて(粛清されて)、亡くなった。

私的には、1説の可能性が一番高いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする