11月11日はチンアナゴの日!?<ダーウィンが来た!>でも紹介されたチンアナゴの生態をまとめてみた!

NHK TV<ダーウィンがきた!>でも紹介され、「キモかわいい」と最近注目を集めているチンアナゴ。

「チンアナゴの日」まであるという人気ぶりだ。

そこで本稿ではチンアナゴの生態についてまとめてみた!

チンアナゴってどんな生物?

下の写真で、白い砂地に立ってゆらゆら揺れている生き物がチンアナゴである。

白地に黒の模様がある。

ウナギや穴子の仲間で、れっきとした魚である。

背中には細長いヒレと黒い突起(胸毛)がある。

体長は35センチほどで、太さは上から下までほぼ変わらない。

めったに泳がず、立ってユラユラ揺れていたり・・・・

砂に潜っていたり・・・・

何もしていないように見える。

チンアナゴの名前の由来

チンアナゴの名前は「珍穴子」ではなく(笑)、「狆穴子」と書く。

なぜ、狆穴子というのかというと・・・・・・

犬のチン(狆)に似ているからだそう。

チンアナゴと犬の狆の顔を並べてみると、確かに似ている!!

下の写真(左)の手前で向き合う2匹がチンアナゴ(後ろの黄色っぽい縞模様はニシキアナゴ)。

 

チンアナゴのエサ

チンアナゴは動物プランクトンや魚の卵を食べる。1ミリにも満たない小さなものである。

エサを捕る時は眼をきょろきょろさせ、顔はゆらゆらしている。

チンアナゴは水の流れの方向を向いてエサを待ち受けるのである。

下の画像でチンアナゴの上方にある白い点がエサである。

チンアナゴは潮がよく通る場所で暮らす。

潮の流れが速くなった時、エサが運ばれる。

潮がよく通る場所にいれば、食べるものが流れてくるから、泳ぎ回ってエサを探す必要がないのだ。

チンアナゴは暗くなると狩りができない。

というのも、視力を頼りにエサを探すから、夕方暗いところでは狩りはできないのだ。

ところで、チンアナゴが上画のようにエサを待ち受けている時、カスミあじのような肉食獣が来たら、どのような行動をとるのだろうか?

チンアナゴの天敵対策

天敵が現れた時には、一瞬のうちに砂に潜り、身を隠すのである。

しかも一斉に砂に隠れる。

下の写真では頭が出ているが、敵が来た時には頭まで潜り、身体全体を隠すのだ。

体長の2倍以上の長さの穴を「ドリル」のように掘り、潜って危険をかわす。

チンアナゴが潜る穴の直径は8ミリほどで、穴には自分の身体の周りにある粘液を塗り、砂を固めるのである。

チンアナゴの激しい恋

魚の多くは、産卵の時は大きく泳ぎ回ると言われるが、チンアナゴは大きく泳ぎ回らないそうだ。

では、チンアナゴの産卵は観ることができないのだろうか?

チンアナゴの産卵に気づく方法はあるのだろうか・・・?

下図のような二匹が寄り添う光景が見られたら、産卵が期待される。

産卵は6月だという。

しかし、そもそも2匹はどのように出逢うのだろうか・・・?

砂に潜っていたら、出会えないだろうに・・・!?

チンアナゴを観察すると、ある穴から潜り、別の穴から出てくるのがわかる。

こうした細かい動きを通して、ペアになるのだそう。

砂の中でも出会えるのか・・・(笑)!

下の動画ではチンアナゴとニシキアナゴ、複数のペアのユラユラ&ラブラブ動画をお楽しみください。

上画はペア(カップル)がラブラブな様子であるが・・・

ラブラブなペアの間に割り込んでくるオスがいるのだ(下図)。

上図で右から2匹の間に割り込んできたオスは、アブレオスと言って、ペアになりそびれたオスである。

このアブレオたオスとペアのオスとが喧嘩になり、しつこい時には噛みつくという。

噛みつかれたアブレオスは巣穴へ退散するのである。

ちなみに、この間メスの方はというと、喧嘩の勝負がつくまで巣穴を出られないのである。

上図でも、奥で砂から頭だけ出しているのがメスである。

チンアナゴの産卵

さて、下の動画では、すみだ水族館でのチンアナゴの産卵の様子が見られます。

22秒あたりでチンアナゴが放卵します。こちら↓

上の映像では見ることができなかったのですが、野生のチンアナゴの産卵ではメスが放卵した瞬間にオスが卵に体当たり!

卵をバラバラにしていました!

というのも、放卵した瞬間、卵は塊のままのため、オスがバラバラにするのです。

卵がバラバラになると、敵から見つかりにくくなるそうだ。

あぶれたオスは子孫を残せるのか?

ペアの中を割り込んでいくあぶれたオスについて上述したが、産卵の時には再びこのあぶれオスが登場する。

メスが放卵した瞬間、アブレオスがメスのお腹に近づいて、身体を伸ばし、受精を試みる。

チンアナゴの赤ちゃん

チンアナゴの卵は産卵の瞬間に海面に浮きあがり、潮の流れによって沖に流れる。

3日で孵化し、大きさはつまようじほどの太さだ。

チンアナゴの日っていつ?由来は?

チンアナゴの日なる日があるのをご存知だろうか?

それは・・・・・11月11日である。

では、なぜ11月11日が「チンアナゴの日」なのだろうか・・・?

答えは・・・チンアナゴの立ち姿が「1」に似ているからだそうだ。

確かに・・・・・・たくさんの1が揺れているようだ!

1 1 1 1

さいごに・・・チンアナゴが見られる水族館

東京では「すみだ水族館」「池袋サンシャイン国際水族館」ほか。

茨城のアクアワールド茨城県大洗水族館

愛知では「名古屋水族館」沖縄では「美ら海水族館」

などなど、全国で10か所以上の水族館で見ることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする