10月2回の台風が影響!?野菜価格の高騰いつまで続く?

(2018年1月11日現在の野菜価格については、こちらの記事でどうぞ)。

今年は8月の日照時間が例年よりも少なく、雨量も多いという天候不良でした。

その影響で、野菜の収穫量が少なく、値段が高騰したとニュースになっていました。

でも、10月は夏日のような温かい(暑い?)日もあり、野菜の値段はリーズナブルになっていると感じていました。

10日前まで野菜は安かった!?

10月20日のでした、野菜の値段が安くなっているというニュースを聞いたのは・・・

夏に出回る予定の野菜が秋になって遅れて出回ってきたのです!

その時はみずな、ねぎ、白菜など葉物野菜が安かったです。

野菜が安くなったというより、市場に出回る量が増えて価格が安定したということのようでした。

今からほんの10日前のことです・・・・・・

それでは、この10日でどのような野菜がいくら位値上がりしたのでしょうか?

スーパーアキダイの店長が語る・・・

野菜の値段が変動すると、必ずTVの取材を受ける人がいます。

それがこの人・・・・・・

練馬区や杉並区にスーパーマーケットを展開するスーパーアキダイの社長秋葉弘道さんです。こちら↓

野菜のニュースになると、安い時も、高い時も関係なく、ほぼいつも出てくるのがこの秋葉社長です。

生鮮三品と一般食品に関して、アキダイ一店で買い物が済むような品揃えを行っているスーパー4店舗の社長さんです。

です。

野菜はこの10日でどれ位急騰したか?

アキダイの社長によれば、野菜の急騰は少なくて1.5倍多いものでは2~3倍の値上がり幅であるといいます。

原因は2週続けて起きた台風の影響だそうです。

例えば、水菜や小松菜などの葉物野菜は、ビニールハウスで育てますが、台風21号、22号の影響で、ビニールハウスが壊れてしまうことがありました。こちらが強風被害の様子↓です。

                    

また、ねぎも強風で倒れてしまったそうです(写真下)。

アキダイの社長によれば、主だった野菜の値上がり幅は以下の通り(スーパーアキダイ調べ)。

          10月20日   10月30日
ブロッコリー(1コ)  ¥138      ¥238
白菜(1/4)      ¥48        ¥68
大根(1本)                ¥100      ¥180
ねぎ(1束)                ¥158            ¥238
にら(2束)                ¥100            ¥250
水菜(1束)                ¥58              ¥180
玉ねぎ                          変化なし 

アキダイは安いことでも有名なスーパーです。

上の価格で赤い方の数字を見ると「高い!」印象ですが、アキダイでは利益出てないもの、赤字のものが結構あるのだそうです。

野菜価格の高騰はいつまで続く!?

市場では、あと1か月位は野菜の値段は下がらないという見方があります。

が・・・アキダイの社長は次のように話していました。

キャベツ・白菜・大根・は来週位から価格は落ち着く

アキダイの社長の言葉の方を信じたいですね!

さいごに・・・番外編:魚も値上がりしたのか?

10月20日、野菜の価格が安くなったと、アキダイの社長がTV取材に答えていた時、社長はぶり鍋をお勧めしていました。

北海道のぶりが安く、水菜、ねぎなどの葉物野菜も安いから、ぶり鍋をするといい。通常より400円ほど安く作れます

しかし、今日30日のインタビューでは、また400円近く高くなったことを漏らしていました。

ぶりも上がって、100g851円だったのが、1200円になってしまった

こういうニュースを聞くたびに、野菜や果物のように、自然(気候)次第で収穫が左右されるものを扱う生産者は大変だなあ、と思います。

収穫直前に台風なんてこられたら、自分だったら耐えられないだろうなあと思います。

農業ってすごい忍耐がいるお仕事ですね。

さいごのさいごに・・・

この記事を書いて早2か月以上が経ちました!

2018年1月11日現在の野菜価格の状況・見通しなどは、こちらの記事でご覧になれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする