ショックを癒す生け花アレンジ~ガーベラオレンジ~

今日は今、人生うまくいってないなあと感じている方向けの生け花アレンジです。

先週末ガーベラの花束を買いました。色はオレンジと白で、それぞれ5本づつ位の花束でした。

とにもかくにもまずすることは根元を4、5センチ切る、そしてとりあえず花瓶に入れます。

するとこうなります。

白の方はガ-ベラではとてもポピュラーで、典型的なデザインのものです。

スーパーなどでもみかけるのではないでしょうか!?

そして、オレンジの方は葉っぱが尖っていてパラパラな感じの花でした。

私的にはこのタイプのガーベラが個性的で、とても好きなのです。

まとめていけるといいですね。

この位のボリュームがあると、花を置いた空間がグっと華やかになります!

そして、今日はこの花束状態から、トイレと洗面所用の2輪ざしのお花をつくります。

やり方はいたって簡単!オレンジと白のガーベラを1輪づつとって一輪ざしに入れるだけ。

私はトイレと洗面所に飾りたいので、2つつくりました!↓ 

これを置きたい場所に置けば、今日の生け花アレンジ完了です! 簡単でしょう!?

私は1つをトイレへ置きました、こんな感じ↓

5月に引っ越しをしてトイレに棚がなくなってしまったので、今は水槽の上にブックエンドで液体せっけんを固定し、そのブックエンドに、小さめの一輪ざしを置きました(笑)!    かわいいでしょう!?

もう1か所は洗面所にと思ったのですが、結局お風呂の浴槽の端っこに飾りました!

が・・・写真を撮るのを忘れている間に!! なんと枯れてしまいました。

が~ん

元気になる色~オレンジ~

オレンジはオーラソーマ(カラーセラピー)ではこんな色です。

上下オレンジのこのボトルは、26番<エーテルレスキュー>という名前がついています。

ボトルの名前になっている「エーテル」とは、「エーテル体」(霊的身体)のことで、ざっくり言うと私たち人間のエネルギー体の一部をさします。

そこをレスキュー(救って)くれるボトル、つまりショックを癒してくれるボトルなのです。

オレンジはオーラソーマ的に言いますと、ショックを癒すばかりでなく「至福」や「歓喜」の色であり、また「腹の底からの笑い」の色でもあります。

洞察や深い直感を表す色でもあります。

オレンジは太陽を連想させる色だからでしょうか・・・?

私の中では、「元気になる色」のナンバー1です。

という訳で、元気がない時・・・ショックを受けた時・・・なんとなく人生がうまくいかないなあと感じている時・・・・・・

オレンジの花を飾ることで気分をあげてみてはいかがでしょうか・・・?

元気になるアロマ~オレンジ~

オレンジが元気にしてくれるのは花だけではありません。

アロマでもオレンジは私たちを元気にしてくれます。

一般的にアロマでオレンジというと、スイートオレンジをさします。甘い方のオレンジ!ですね。

みかんやオレンジ、ネーブルなどの果物の香りで親しまれていますよね。

オレンジのアロマは不安がや心配が強い時にそれらを鎮めてくれる香りなのですよ。

また、「インナーチャイルド」といって、大人の私たちの中には、誰しも癒されていない子供の自分(の感情)がありますが・・・

この癒されていないインナーチャイルドを癒すのにも、オレンジは効果的なのです!!

インナーチャイルドは言い方を変えれば、子供時代に受けたショックと言えますし、ショックならばオレンジで癒すことができますね♪

オレンジとチャクラの関係

私たちの身体には「チャクラ(と呼ばれるエネルギーセンターがあります。

チャクラとは車輪を意味するサンスクリット語で、元になる概念はアーユルヴェーダからきていると言われています。

チャクラの数は流派により諸説あるようですが、オーラソーマをはじめ多くのヒーリングやセラピーなどでは7つのチャクラという考え方が主に用いられているようです。

オーラソーマ的にはオレンジという色は創造性やセクシャリティを司る第2チャクラに対応した色なので、第2チャクラがショックを受けて傷ついた時には、オレンジの色やアロマで癒すと効果的です。

ショックはもちろん肉体に出るばかりでなく、目には見えないですが魂にも出るんですね。

そして魂がショックを受けると、真のオーラ(第二チャクラ)が左にずれるそうなんです。

先ほど挙げた26番ボトルを身体の左半身に塗るのは、第二チャクラに位置する、ずれてしまった真のオーラを元に戻すためなのです。

オレンジという色が魂のショックを癒し、左にずれた真のオーラをもとに戻っすのです。

魂のショックを癒すからなのでしょうか・・・???

この26番のボトルは世界中で一番売れているボトルと言われています。

オレンジすごい!!

ガーベラオレンジの花言葉

さて、さいごに例の花言葉にいきましょう。

ガーベラオレンジの花言葉は・・・「神秘」「冒険心」「我慢強さ」です。

ガーベラの全体の花ことばは・・・「希望」「常に前進」であり、

私的にはオレンジのガーベラこそこの「希望」「常に前進」という花言葉がお似合いだと思うんですけどね・・・!?

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

参考情報:オーラソーマのボトルを使った体験やアロマ・クリスタルを使ったヒーリングの効果は、こちらからお読みになれます。