2018年ゴールデンウイーク(GW) に劇場で観たい!?おススメ映画6選

4月も残り10日ほどだ。

来週末からゴールデンウィークに突入する方もいるだろう。

ゴールデンウィークというまとまった時間の過ごし方は人それぞれだ。

旅行に、休養に、大掃除に、買い物などなど・・・・・・

仕事という人もいるかもしれない。

その中で映画を観るというのも、まとまった休みならではの楽しみ方と言える。

筆者がそうなのだ。自営業なので仕事もするが、劇場に行ったり、家で録画しておいた作品を観たりと、映画三昧の時間も過ごす。

そこで、本稿では来週末(28日)からのゴールデンウイークに観たい映画をご紹介する。

紹介したい作品はたくさんあるのだが、ゴールデンウイーク(GW)の映画特集なので、4月までの公開作品に絞った。

という訳で、筆者の独断と偏見で選んだ洋画、日本映画併せて5本について、ポイントをまとめてみた!

2018 ゴールデンウイーク(GW)にお勧めの映画6選

<レディ・プレイヤー1>:オタクが世界を救う?  懐かしい?SFアクション

今年アメリカ合衆国で公開されたばかりのSF映画<レディ・プレイヤー1>。

本作品は小説『ゲームウォーズ』をスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化したものだ。

主演はタイ・シェリダンオリヴィア・クックが務めた。

<ストーリー>

舞台は27年後、2045年の地球、そこに拡がるのは、環境汚染が進んだ世界だ。

主人公は荒廃した街で暮らす17歳の少年ウェイド。

彼の唯一の楽しみは・・・・・・

VR(ヴァーチャル・リアリティ)オアシス(OASIS)」で過ごす時間だった。

オアシス(OASIS)ではゴーグル一つで夢の世界、あらゆる願望が実現する。

自分がアバターとしてオアシス(OASIS)というVR(ヴァーチャル・リアリティ)の世界を 楽しむことができる。

大好きなヒーローになったり・・・

乗り物に乗って空を飛んだり・・・

カーアクションに参加したり・・・

恐竜と共に過ごしたり・・・

そういったことが何でもできる夢のような世界だ!

ある日、オアシス(OASIS)で巨万の富を築いた、創設者のジェームズ・ハリデーが亡くなった。

彼の遺書の内容は・・・?

全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう。(出典

というものだった。

ジェームズ・ハリデーの巨額の遺産をかけた争奪戦が始まった!

ウェイドもまた、争奪戦に参加する一人となった。

オアシスで出会った仲間たち、美女アルテミスと協力し、戦いに臨むウェイド。

そこに世界支配を企む巨大企業101社も現れた!

ウェイドは3つの謎を解くことができるのか・・・・・・?

巨大企業の陰謀を阻止することはできるのか・・・・・・?

3つの謎に秘められたメッセージとは・・・・・・?

ウェイドとアルテミスの恋の行方は・・・・・・?

この映画には、現実とVRオアシスの世界を行ったり来たりしながら、謎を解き、ゲームを進めていく楽しさがある。

OASISそのものが「映画」だという声もあったくらいだ。

純粋なエンターテイメントとして楽しめる映画なのだ!

<見どころ>

  1. 懐かしのキャラクター大集合!

ガンダム、アベンジャーズ、ミスター・ビーンなど大ヒット映画のヒーローや悪役、またハローキティーやけろけろケロッピなどの懐かしのキャラクターが出てくる。

2. カー・アクションがすごい!!

カー・アクションのシーンだけで撮影に1年半かけたというほどに完成度の高いライド・アクションを観ることができる。

かなりド派手な印象と同時に「よくぞここまでやった」と驚きを隠せないのは、筆者だけではないだろう。

最先端テクノロジーによる魔法レベルのビジュアルと話題になっている。

tレディプレイヤーはいよいよ明日20日(金)公開になる!

日本限定解禁映像はこちらからどうぞ。

映画を観た人の感想はこちら

<作品情報>

公開日: 2018年4月20日 (日本)
監督: スティーヴン・スピルバーグ
原作:アーネスト・クライン【ゲームウォーズ】 (2011)
音楽: アラン・シルヴェストリ
製作: ワーナー・ブラザース
キャスト:
オリヴィア・クック タイ・シェリダン ベン・メンデルソーン サイモン・ペグ      マーク・ライランス他

<女は2度判断する>:最愛の家族を奪われた女性の復讐?を描いた人間ドラマ

<ソウル・キッチン>や<愛より強く>などで世界三大映画祭を制したファティ・アキン監督による2017年のドイツ映画で、同監督の最新作である。
主演のダイアン・クルーガーは母国語であるドイツ語 での映画初挑戦となった。
ダイアン・クルーガーはこの映画で第70回カンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞!
また、この作品自体は第75回ゴールデングローブ賞外国語映画賞受賞、また第90回アカデミー賞外国語映画賞ショートリスト(ドイツ代表)や数々の賞にもノミネートされている!
<ストーリー>
舞台はドイツ、ハンブルク。
ダイアン・クルーガー演じる主人公カティヤはトルコ系移民であるヌーリと結婚する。
かつて、ヌーリは麻薬の売買をしていたが、足を洗い、カティヤとともに真面目に働き、息子ロッコも生まれ、幸せな家庭を築いていた。
そんなある日、ヌーリの事務所の前で白昼に爆弾が爆発し、ヌーリとロッコが犠牲になる。
外国人同士の抗争を疑い、警察は捜査を進めるが、在住外国人を狙った人種差別主義のドイツ人によるテロであることが判明する。
容疑者は逮捕され裁判が始まった。
しかし、被害者であるにも関わらず人種や前科をあげつらい、なかなか思うような結果の出ない裁判に、カティヤの心の傷は深まる。
愛する人、愛する子供と生きる、ささやかな幸せ。
その幸せが一瞬にして壊されてしまった。
絶望の中、生きる気力を失いそうになりながら、カティヤはどのような決断を下すのか?
ドイツ警察の戦後最大の失態と言われるネオナチによる連続テロ事件。
初動捜査の見込み誤りから、10年以上も逮捕が遅れ、その間、犯人は殺人やテロ、強盗を繰り返した。
それらの実際の事件に着想を得て、自らもトルコ系移民であるファティ監督によって、『女は二度決断する』は生まれた。
理不尽な暴力により、愛する家族を奪われたひとりの女性が、捜査や裁判の過程によって更に心を引き裂かれ、傷ついていく。
もしも自分の家族に突然悲劇が起きたならば、そのとき人はどうするのか?
これ以上ない悲しみを湛えて迎える衝撃的な結末は、私たちの心を強く揺さぶる。
もしあなたがカティヤだったら、どうするだろうか・・・・・・?      (出典
<見どころ> 
主演ダイアン・クルーガーの演技
ダイアンなしにこの賞はなかった。この受賞は君のものだ。僕らのものだ。
(ファティ・アキン)
というファティ監督の言葉にも表れているように、何と言ってもダイアン・クルーガーの迫真の演技が見ものだ。
最愛の家族を失った悲しみ・公正な操作をしてもらえない絶望感・苦難といった感情を観る者が共有し、追体験してしまう。
ダイアン・クルーガーの演技が各国で絶賛されるのは、この観る者を深く引き込む迫力にあるのではないかと、筆者は思う。
自分をカティヤに置き換えて考えさせられる社会派作品である。
ダイアン・クルーガーのメッセージはこちらからご覧になれます。
<作品情報>
公開日: 公開中
監督: ファティ・アキン
脚本:ファティ・アキン ハーク・ボーム
音楽:ジョシュ・オム
配給:ビターズ・エンド 
キャスト:

ダイアン・クルーガー デニス・モシット  ヨハネス・クリシュ サミア・ムリエル・シャンクラン  ヌーマン・アチャル  ウルリッヒ・トゥクール他

<ダンガル きっと、つよくなる>娘をレスリング選手にしたパパのスポ根ドラマ

実話を元にした作品で、2016年に制作・公開されたインド映画。

インド映画としては、世界興収入1位を記録する大ヒット映画だ。

2人の娘をレスリングでオリンピック選手に育てた、人類史上最も熱いパパの愛と野望を描いたスポ根ドラマである。

<ストーリー>

アーミル・カーン扮する主人公マハヴィル・シンは、インドのハリヤーナ州のバラリという小さな村の出身だ。

マハヴィルはレスリングを愛する男。

インド国内ではチャンピオンになったものの、生活のために選手として生きることは諦めた。

以後、道場で若手を指導しなが ら、マハヴィルはいつか息子を金メダリストにすることを夢見ていた。

ところが、生まれたのは女の子。

次も、女の子!

マハヴィルは神頼みに始まり、さまざまな策を試みる。

が、結果は4 人連続の女の子だ!

すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたある日のこと。

長女と次女(ギータとバビータ)が、ケンカで男の子をボコボコにした。

2人の格闘センスに希望を見出し、翌日からマハヴィルはコーチとして、2人に特訓を始める。

男物の服を着せ、髪を切る・・・などなど。

一家は町中の笑いものになる。

が、周囲の反応をものともせず、マハヴィルはブレずに娘たちを鍛え続ける。

娘たちはささやかな抵抗を企て続ける。

やがて、目覚しい才能を開花させた娘たちは・・・?

娘たちはオリンピックに出場できるのか・・・?

マハヴィルは娘たちを単にレスリングに選手に育てただけでない。

そこまでの道のりの中で因習、悪徳コーチ、挫折、世界の壁などいくつもの壁を親子で乗り越えていった。

その姿が観る者のさぶられる。

<見どころ>

娘たちは、マハヴィルの特訓についていけず、パパに自分たちをレスリング選手にすることを諦めるさせるさまざまな言い訳を考え続ける。

しかし、そのたびにパパに言い訳ができないような手を打たれてしまう。

娘たちのささやかな抵抗にクスっと笑える場面が幾つもある。

パパはパパで「自分の果たせなかった夢を娘に託す」という単なるエゴで、2人の娘をレスリング選手に育てているのではなかった。

マハヴィルの生まれ育ったハリヤーナ州のバラリという村は、インドの中でも発展が遅れている地域。

ティワーリー監督は言う。

女の子にも男の子と同じような機会を与える親はまずいない

しかし、マハヴィルは違った。

4人の娘をレスリング選手に育てようと考えた。

マハヴィルパパの真の目的とは・・・?

この真の目的がわかった時、観る者は涙を抑えることができないのではないだろうか?

主人公は実際に吉田沙保里選手と試合をしたことがあるそうだ。

主人公バビータ本人と吉田沙保里選手の感想はこちらからどうぞ。

<作品情報>
公開日: 公開中
監督: ニテッシュ・ティワリ
脚本:ニテッシュ・ティワリ
制作: UTVモーション・ピクチャーズ、  ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ他

キャスト:

アーミル・カーン サークシー・タンワル ファーティマー・サナー サニヤー・マルホートラ ザイラー・ワシーム スハーニー・バトナーガル アパルシャクティ・クラーナー他

<君の名前で僕を呼んで>:17歳の甘くも切ない恋心を絶妙に描いた作品

 アンドレ・アシマンの同名小説をの映画化。
2017年にイタリア・フランス・ブラジル・アメリカの4か国の合作。
「日の名残り」「モーリス」の名匠ジェームズ・アイボリーが脚本を執筆。
「胸騒ぎのシチリア」などで知られるルカ・グァダニーノ監督がメガホンをとった。
第90回アカデミー賞で作品賞ほか4部門にノミネートされ、アイボリーが脚色賞を受賞した。
「インターステラー」「レディ・バード」のティモシー・シャラメットと「コードネーム U.N.C.L.E.」「ソーシャル・ネットワーク」のアーミー・ハマーが主人公カップル役で共演。
ポスター画像

<ストーリー>

1983年、夏。

家族に連れられて北イタリアの避暑地にやって来た17歳のエリオは、大学教授の父の手伝いにやってきた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。

一緒に泳いだり、自転車で街を散策したり、本を読んだり音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオはオリヴァーに特別な思いを抱くようになっていく。

ひと夏の恋とわかっているが、エリオの想いは・・・・・・

ふたりはやがて激しい恋に落ちるが、夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいて・・

2人はどうなるのか・・・?

<見どころ>主演ティモシー・シャラメットの見事な演技

主人公エリオを演じた主演ティモシー・シャラメットは22歳の若手俳優。

大ブレイクしそうな俳優との呼び声も高い。

そんな彼がこの映画では、17歳の青年の切ない初恋の感情を上手に描いている。

切なくも甘い初恋の感情表現こそ、この映画の見どころだと筆者は思う。

映画の絶賛コメントはこちらからどうぞ。

<作品情報>
公開日: 4月27日(金)
監督: ルカ・グァダニーノ
監督製作:ピーター・スピアーズ ルカ・グァダニーノ エミリー・ジョルジュ
     ホドリゴ・テイシェイラ
原作:Call Me by Your Name (by André Aciman)
挿入歌: Visions of Gideon
制作:ファントム・フィルム

キャスト:アーミー・ハマー ティモシー・シャラメ マイケル・スタール アミラ・カサールアネラ エステール・ガレルマルシア

<いぬやしき>:ジジイVS高校生壮絶な戦いの奥にある感動の親子愛

GANTZ」の奥浩哉による人気コミックで、テレビアニメ化もされた「いぬやしき」。

本作では木梨憲武と佐藤健が主演。

「GANTZ」につづき奥作品の実写化を手がけるのは、佐藤信介監督。

<ストーリー>

木梨憲武扮する主人公は定年を目前に控えた初老のサラリーマン・犬屋敷壱郎は、会社や家族から疎外されている。

医者から末期がんによる余命宣告を受け、虚無感に襲われた犬屋敷。

ある日、公園で謎の事故に巻き込まれ、機械の体に生まれ変わってしまう。

犬屋敷の近くにいた佐藤健演じる高校生の獅子神皓も犬屋敷同様、機械の身体に生まれ変わった!

犬屋敷も獅子神も人間を超越した力を手に入れていた。

獅子神は超越した能力を、自分に背く人々を傷つけるために行使する。

一方の犬屋敷は獅子神によって傷つけられた人たちを救うために、その力を使う。

強大な力を手に入れた2人の男たちのそれぞれの思いが激しく交錯していく。(出典

<見どころ>

何といっても犬屋敷と獅子神(ジジイVS高校生)の壮絶なバトル。

いままで見たことのない姿のヒーローが、新宿上空250メートルで繰り広げる超音速がすごい!!

ネットの感想を幾つかご紹介しよう。

木梨憲武、佐藤健だけじゃない!キャストのハマり具合がすごい 出典

邦画の概念を変えるCG技術に圧倒される!出典

予告やCMで見る派手な空中戦や圧倒的なVFXに目を奪われがちだが、本質にあるのは親子愛。
突如機械の身体になってしまったオジサンが主人公…という異質なルックの中に王道のホームドラマを見事に落とし込んでいた。出典
原作と違う部分たくさんあったけど、続編出せるようにしているのか?と思わせるような変え方で、まぁこれはこれで…。出典
<作品情報>
公開日: 上映中
監督: 佐藤信介
作:奥浩哉
脚本:橋本裕志
制作:石原隆・市川南
配給:東宝

キャスト:木梨憲武、佐藤健、本郷奏多、安堂直行、二階堂ふみ、三吉彩花他

<となりの怪物くん>:高校生も高校生だった人も楽しめる青春恋愛映画

<となりの怪物くん>講談社「月刊デザート」2008年10月号から2013年8月号まで連載されたろびこ原作の人気少女コミックの実写映画化。

累計発行部数610万部突破というすごい人気コミックである。

主演は菅田将暉と土屋太鳳が務めた。

<ストーリー>

菅田将暉演じるイケメンで天才だが予測不能な行動で周囲から怖がられる超問題児の春。

一方土屋太鳳が演じるのは、冷静かつ淡白なガリ勉の雫。

お互い友達が1人もいない2人は高校入学直後に隣の席になる。

そして、不登校の春の自宅に雫がプリントを届けに行ったことで知り合う。

それ以来、春は雫にすっかり懐いてしまい、はじめは無関心だった雫も、春の純粋さに触れ、少しずつ惹かれていく。

やがて2人の周囲には夏目、大島、ササヤンら個性豊かな友達が増え、春のライバルであるヤマケンの登場によって三角関係まで勃発する。

共演するのは、「曇天に笑う」の古川雄輝、「亜人」の山田裕貴。

監督は「君の膵臓をたべたい」の月川翔監督。

「高台家の人々」の金子ありさが脚本を担当。

<見どころ> 不器用なキャラクターがつむぐさまざまな人間ドラマ

恋愛映画であるが、恋愛に偏ることなく、友達、恋人、家族という様々な人間関係が描かれている。

その様々な人間関係を通して不器用なキャラクターたちが織りなすドラマに笑ったり・・・

泣いたり・・・が面白い。

<作品情報>
公開日: 4月27日(金)
監督: 月川翔
原作:ろびこ 
脚本:金子ありさ
製作:市川南
共同製作:村田嘉邦
配給:東宝
キャスト:菅田将暉 土屋太鳳 古川雄輝 山田裕貴 池田エライザ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする